メンタルケア心理士 通信講座

メンタルケア心理士 通信講座−結局どれを申し込めばいいのか−

メンタルケア心理士とは

メンタルケア心理士とは、心の病を持っている方のカウンセリング業ということで紹介されており、なんだか抽象的でわかりずらい感じがします。簡単に言うと、主に精神病患者のカウンセリングをすると考えていただければよいと思います。

 

精神病には、

 

【統合失調症】妄想性障害
【気分障害】 うつ病性障害 双極性障害
【神経症】  不安障害:パニック発作 広場恐怖 パニック障害 特定の恐怖 社会恐怖 強迫性障害 PTSD

 

などが挙げられます。

 

こういった症状の方は年々増加傾向で、心療内科の薬物治療だけでは改善が困難な状態です。やはり人とのコミュニケーションを通じ、心のケアが必要なのです。

 

しかし、心療内科ではカウンセリングまで手がまわらないのが実情で、患者の心のケアは置き去りになっています。こういった現状を改善しようと、メンタルケア心理士の資格が生まれたのです。

 

こういった資格はアメリカではすでに当たり前で、心のケア=カウンセリングというのが一般的な認識です。「よいカウンセラーを見つけたのよ」という会話があちこちで聞かれます。ですから、近い将来、日本でもこういった流れになることは確実です。

 

モノ余りの日本で、供給側が圧倒的に不足している実情は考えられない現象です。こういった資格こそが将来性のある資格であると言えるでしょう。

 

この新しい資格にいち早く目をつけ、通信講座として世間に広めた「ヒューマンアカデミー たのまな」だからこそできる充実の講座があります。

 

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・詳細はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ