メンタルケア心理士 通信講座

メンタルケア心理士の合格率

メンタルケア心理士の合格率

メンタルケア心理士と名前を聞くととても難しそうだな…、私でも資格が取れるかな?と心配になりますよね。安心してください。メンタルケア心理士は比較的誰でもきちんと勉強していれば受かる資格です。心理学について学びたい人の登竜門のような資格でもあるので是非覚えておきたいところですね。メンタル心理の学ぶ手順や試験問題、合格率など目指している人も検討している人にも役に立つ情報をお伝えします。

 

メンタルケア心理士を学ぶ流れは?

ヒューマンアカデミーの通信講座の4ヶ月の中で、だいたいの学ぶペースの配分は決まっています。
1か月目は「精神解剖」・「生理学基礎」を学びます。2か月目に入ると「精神医科学基礎」を学び、3か月目に入りカウンセリングの「基本技法」を学ぶようになります。4か月目に入るとテストに向けて模擬試験が行われ、試験結果を見ながら自分の苦手分野を分析することや自分の知識としてしっかり定着させます。それが終われば試験は本番です。4ヶ月で十分勉強は出来ているので十分に実力を発揮してみてくださいね。

 

メンタルケア心理士の合格率ってどのぐらい?

メンタルケア心理士は、合格率が40%前後だと言われます。40%と聞くと2人に1人も受からない難解な資格のように思いがちですが、受験資格が講座の受講が完了した人であれば誰でも受けることが出来る資格です。正確な受験者数は在宅試験の為わかりませんが、年齢別の豪華億率で見ると10代2%、20代29%、30代42%、40代20%となり、最年長は60代もいるそうで受験者の年齢幅に驚きますよね。受験資格が厳しくないのであまり学ぶことがなく試験を受けてしまい落ちるといったパターンもあります。メンタルケア心理士の試験は在宅型で試験当日に特殊郵便で届くようになっています。試験内容は文章作成がメインとなっていて総文字数800字程度の記述問題です。ノートなどを見て試験を受けていいので丸ごと暗記する必要もありません。重要なところを付箋でつけてすぐにさがせるようにしておくと試験当日に慌てることがなく安心ですよ。

 

メンタルケア心理士は心理学を学びたい初心者にはおすすめの資格です。仕事をしながら無理なく勉強出来て、学ぶことが自己分析にも繋がるので自分を深く知ることは日常の生活や恋愛、仕事においても役に立ちます。心理学とは自分を知ることでもあります。自分では気付かないまだ眠っている可能性を広げることも出来るので面白いですよ。

 

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・詳細はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ