メンタルケア心理士 通信講座

メンタルケア心理士 通信講座−結局どれを申し込めばいいのか−

メンタルケア心理士の収入

メンタルケア心理士の収入源は主にカウンセリング料という形で、弁護士同様、1時間あたり5,000円が相場のようです。しかし、必ずしもその金額にしなければならないということはありません。それ以上でも以下でも構わないということです。そして、カウンセリング料以外にも独自のサービスを付け加えて差別化を図り、サービス単価を上げることも可能です。ですから、カウンセラーとしての固定概念にとらわれずにビジネスを展開することが求められるかもしれません。

 

カウンセリング業は顧客のリピート性が高く、長い期間継続してサービスを提供することが多いのも魅力の一つです。独立以外にも、教育機関や医療機関でも活躍の場が広がっていますので、就職などにも大変有利な資格といえそうです。

 

日本では心の病を持った方の需要と、供給側であるカウンセラーの数が釣り合っていません。まだまだ資格を生かしきれていないというのが実情でしょう。

 

日本はアメリカの10年後を追いかけていると言われていますので、日本でも必ずカウンセラーの社会的地位が確立されると信じております。資格は人気が高まると途端に難しくなる傾向があります。そういう点を踏まえると、今がまさに学習を開始するタイミングと言えそうです。

 

心理カウンセラー資格の中でも権威があり、誰でも平等に挑戦することができる資格がメンタルケア心理士なのです。

 

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・詳細はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ