メンタルケア心理士 通信講座

メンタルケア心理士の求人

メンタルケア心理士の求人

資格を取るのであれば就職先や将来性は気になるものですよね。他の心理系の資格と比べてメンタルケア心理士ってどうなのだろう?これだけで将来的に生活していけるのかな?などとても気になりますよね。メンタル心理士として出来る仕事、資格習得後どんな道を目指していけばいいのか詳しく見て見ましょうね。

 

メンタルケア心理士だけで生活していける?

正直この資格だけで食べていくのは難しいかもしれません。
心理関係は国家資格も含め数々の資格があります。
ですがやりがいがあり人のカウンセリングを受けながら自分自身も考えさせられたり、気付かされたりして成長できる環境があることはメンタルケア心理士のやりがいのひとつでもあります。
資格を習得後にメンタルケア学術学会で定期的に行われる学会に参加することが出来、社会的な功績が認められると一握りの人ではありますが表彰・認定される制度もあります。この学会に参加していると就業支援などもあるので仕事が見つからずに困る心配がありません。

 

メンタル心理士の資格を習得後は仕事があるの?

メンタルケア心理士の知識を生かしてスクールカウンセラーとして働くことも出来ます。
精神的な問題をかかえる小学生や中学生の学校やお家の悩みを聞くことが出来ます。
他の心理学関係の資格とは違い、医療系や福祉の就職先が多い傾向にあります。
そういった心理士としての役職以外にも、心理とはまったく関係のない分野である一般企業でも活躍の場が広がっています。ビジネスマンならではの人間関係や仕事面など悩める人達の相談にのることが出来るのでやりがいがあり日々成長できる仕事でしょう。
現在は心理士として働くことが出来る職場は年々増え需要が高まっています。

 

メンタル心理士の将来性とは?

さらに上を目指すのであれば、メンタルケア心理専門士を目指しましょう。
受験資格は、メンタル心理士認定試験合格者や臨床心理士資格保有者、心理隣接研究・専攻科修士に限られます。メンタル心理士よりさらに深い心理の知識を学びこの資格をいかして働くことが出来ます。

 

メンタル心理士は資格を習得後も常日頃から学び、成長する気持ちが大切だと思います。心理士としての枠は少ないかもしれませんが、不安定な世の中なのでさまざまな分野で活躍できます。メンタルケア心理士として人の役に立つ仕事をしてみませんか。大変なこともありますが、成長できる素敵な環境を作っていきましょう。

 

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・詳細はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ