メンタルケア心理士 通信講座

メンタルケア心理士は国家資格ではない

メンタルケア心理士は国家資格ではない

メンタルケア心理士とはその名の通りメンタルケアを目的として相談、援助をするための必要な知識を有している人に与えられる資格です。
医師とは違いますので実際に治療行為をしたり、薬を処方したりはできませんが医師と患者の間に立ち、患者の精神的な負担や不安を減らしてあげることができる存在と言えます。

 

メンタルケア心理士は国家資格と勘違いされやすいのですが民間資格の1つです。
そもそも心理学関係の資格はすべて国家資格ではなく、メンタルケア心理士の上位にあたる臨床心理士であっても民間資格となっています。
資格としての格を考えると臨床心理士を取得するのが良いようにも思えますが臨床心理士は難易度が非常に高く、初心者が簡単に目指せるものではありません。
臨床心理士資格試験の合格率は60%前後とされており、決して低い数字ではないのですが受験者の多くが大学院などで専門的な知識を得ている人達ですのである程度の期間勉強したからといって合格できるものではありません。
そこでメンタルケア心理士が大きな注目を集めているのです。

 

メンタルケア心理士は日本学術会議から日本学術会議協力学術団体に指定されているメンタルケア学術協会と、第三者評価機関である生涯学習開発財団が認定する公的学会認定資格で、民間資格とはいえ権威のある資格となっています。
臨床心理士は合格が非常に難しく現実的ではありませんがメンタルケア心理士なら努力をすれば十分に合格することができ、それでいて資格としても優れているわけです。
現代社会ではメンタルケアも重要なものと考えられており、メンタルケア心理士の需要はどんどん高まっています。
企業などに所属し社員のメンタルケアを担当することもありますし、そうした働き方がしたい場合にメンタルケア心理士は大きな武器となります。
民間資格というとあまり役に立たないイメージがあるかもしれませんが、そもそも国家資格のない心理学においてメンタルケア心理士はとても重要な資格と言えます。
専門的な勉強をし、将来的に臨床心理士の資格を取得するとしてもまずはメンタルケア心理士の取得を目指すというのもいいでしょう。

 

メンタルケア心理士の主な役割は相談やアドバイスですが、だからといって誰にでもできるものではなく、専門的な知識があることを証明するために資格は重要です。
心理学の知識を活かして人の役に立ちたい、そう考えるならメンタルケア心理士資格を取得できるように勉強を始めてみましょう。

 

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・詳細はこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・詳細はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ